切ない味

アロハ

気まぐれな雨が降ったり止んだり。

茅ヶ崎に帰る頃はアメちゃん登場しないでねっ!

 

先週土曜日と昨日は相愛病院さんの開設記念日のお祝いに 呼んでいただき

踊って参りました。 ありがとうございました。

あと30分弱で八王子にツクデヨウの

原当麻と言う駅は、茅ヶ崎から相模線でほぼone hour. 

緑の森の中をマイクロバスに揺られ 見えてくる洋館の佇まいの建築物。

 

記念日のお祝いのお赤飯が、静養されている患者さん、キビキビと働く白衣が眩しい

職員の皆様、命を助けるドクター、エントランスを中庭をピカピカに磨き上げる

職人さん達に振舞われ、私達もご馳走になりました。 ありがとうございます。

 

お赤飯は誰かが誰かを思い作るもの。

その味はなぜか切なく、赤でも朱でもないその色は優しい色です。

泣きたかった1日、頭のてっぺんから火山が噴火しそうに憤慨した1日。

そんな夜は、母親がランドセルが重くてまだまだ小さかった自分のために

炊いてくれたお赤飯を思い出し夕食に。

今日自分が生きていることをお祝いしながら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お問合わせ

ワークショップ体験レッスン

 お問合わせはこちらから

 

 

Shonan Backstage Company
Shonan Backstage Company